バッチフラワーセラピー ピュア
 HOME  バッチフラワーレメディとは  38種類の指標  相談する  学ぶ
 購入する プロフィール  リンク  問い合わせ  ペットのために

プロフィール

バッチフラワーレメディはパンフレットやテキストなどを見ながら、自分で選ぶことができるものですが、その微妙な効果は自分自身が経験してみないとわからないものがあります。バッチフラワーレメディを上手に生活の中に生かすためには、経験の豊かで正確な知識を持ったプラクティショナー(実践者)が必要です。

バッチ財団登録プラクティショナーとは
 バッチ財団登録プラクティショナー ロゴ
バッチ財団登録アニマルプラクティショナー(BFRAP)とは
バッチ財団アニマルプラクティショナー(BFRP)の中で、特に動物についての知識があり、動物の専門家として、バッチセンターが認定したBFRPには、バッチ財団登録アニマルプラクティショナー(BFRAP)としての登録を許可されている。日本では2009年現在5名登録されています。
BFRAPは動物行動学を基に、バッチフラワーレメディを動物に選択し、その感情のバランスを取り戻すことにより、その動物の自己治癒力を改善し、本来の健康な心身の状態を取り戻すことを助けています。
  
バッチフラワーセラピー ピュアのプラクティショナー  千田 純子(センダ ジュンコ)
千田 純子 写真 
好きなこと
家事を片づけた昼下がり、犬たちと昼寝をするのが何よりも幸せです。
バッチフラワーが千葉でも広く知られて、この気忙しい世の中が暮らしにくい、心優しく繊細な人たちが、バッチフラワーを気軽に使ってもらえるようになることが、今の私の夢です。
略歴
1959年 生まれ
1985年 大阪府立大学農学部獣医学科修士課程修了
1985年 南海電鉄みさき公園動物園 獣医師として勤務
1987年 退職
1988年 結婚   専業主婦となって、一男一女の母親となる。
1998年 下の娘が小学生になったのを機に家庭犬のしつけ教室開業
1999年 バッチフラワーレメディと出会う。
2000年 レベル1、2を受講。
2002年 レベル3を受講
2004年 レベル3合格
2005年 バッチ財団登録プラクティショナーに登録
2008年 PTT講師に選抜される。〜2014年まで
     バッチ財団登録動物専門プラクティショナーに登録。
2009年 千葉市でPTT講座を開講する。
2014年 認定心理士登録    
ページの先頭に戻る
Certified Professional Dog Trainer−Knowledge Assessed (CPDT‐KA)とは